記事詳細

希望の党、幹事長に大島敦氏 共同代表は当面空席

 希望の党は27日、両院議員総会を国会内で開き、小池百合子代表(東京都知事)を補佐し、国会議員を統率する「共同代表」は当面置かず空席にすると確認した。幹事長兼政調会長には大島敦・前民進党幹事長を充て、国対委員長に笠浩史氏を起用した。

 共同代表空席に伴い、11月1日召集の特別国会の首相指名では、渡辺周元防衛副大臣(衆院静岡6区、当選8回)に投票すると決めた。

 総会に先立ち、国会議員団会議で人事案を協議。共同代表は現行の党規約を改正し、11月中にも代表選を行い選出する。総会から参加した小池氏は「決めていただいたことをしっかり受け止め、一致団結してお進みいただくようお願いする」と述べた。

 大島幹事長の下に党再生、党規約改定、代表選を含めた選挙管理の3委員会を設置する。現在の党規約は、代表が共同代表を指名するとしている。小池氏は代表にとどまる見通しだ。

 首相指名に関しては、当初、古川元久・元国家戦略担当相に投票する方向で調整したが、当選回数が同じで年齢が上の渡辺氏に最終決定した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう