記事詳細

金正恩氏肝いり「北朝鮮版AKB」でセコ過ぎるカネ儲け (3/3ページ)

 金正恩氏がモランボン楽団に力を入れるのは、北朝鮮庶民を魅了する韓流コンテンツに対抗する狙いがあると見られる。北朝鮮で韓流や海外コンテンツは違法だが、よほど面白いのか庶民の間で拡散しつづけている。

 近年では、韓流ドラマを見て韓国社会に憧れ、脱北する若い女性も少なくない。そのせいか、金正恩氏は韓流を厳しく取り締まる方針を打ち出している。一昨年4月には韓流ドラマのファイルを保有していた容疑だけで、治安当局が女子大生に過酷な拷問を加え、彼女を悲劇的な末路に追い込んだ。

 (参考記事:北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは…

 金正恩氏が、政治的狙いがあるとはいえ、一般庶民も楽しめる娯楽を提供しようとすることを全否定するつもりはない。しかし、その裏で海外文化に触れただけで過酷な拷問を加えるような人権侵害が横行している現状があることを見過ごしてはならない。

デイリーNKジャパン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース