記事詳細

韓国団体「納得しがたい」 慰安婦資料の判断延期、日本政府批判「不当な圧力行為」

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)が旧日本軍の従軍慰安婦関連資料の「世界の記憶」登録を巡る判断を延期したことについて、申請した民間団体「国際連帯委員会」事務団長、申恵秀・梨花女子大大学院教授は31日、ソウルで記者会見し「納得しがたい」と述べた。

 韓国外務省や女性家族省なども31日、遺憾の意を示し「慰安婦問題を歴史の教訓とし、今後こうした不幸な出来事が起こらないよう次世代に真実を伝える」などとした。

 申氏は会見で、今後も関連資料の登録を目指し、ユネスコが求める関係者間対話に「誠実に挑む」と説明。一方、関係国の意見聴取を取り入れる新制度は「植民地や戦争、国家暴力の被害に関する記録の登録に大きな障害となる」として、変更を目指す考えを示した。

 政治的な思惑に左右されない制度への変更を求めてきた日本政府の動きを「不当な圧力行為」と批判。慰安婦問題の解決を確認した2015年の日韓政府間合意を境に、韓国政府が登録に向けた支援から手を引いたとして当時の朴槿恵政権も非難し、文在寅政権に「努力と支援」を求めた。

 国際連帯委員会は日中韓台など8カ国・地域の14団体で構成している。(共同)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう