記事詳細

両陛下との会見に「暴言王」ドゥテルテ大統領も緊張 宮内庁「敬意がうかがえた」

 天皇、皇后両陛下は10月31日、来日していたフィリピンのドゥテルテ大統領と皇居・御所で会見された。「暴言王」の異名を持つ大統領の過激な発言から、両陛下との面会を不安視する声も上がっていたが、約25分間のご会見は和やかに行われたという。

 宮内庁によると、天皇陛下が「先の大戦では多くのフィリピンの人たちが犠牲になりました」と述べられると、大統領は「両国は川の流れのように過去を乗り越え、今日の協力関係を築いてきました」と応じた。

 大統領は会見の冒頭、手を膝に置き緊張した様子で、徐々に打ち解けた雰囲気に変わった。御所を後にする際、見送られた両陛下に何度も頭を下げる場面もあり、宮内庁は「両陛下への敬意がうかがえた」としている。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう