記事詳細

トランプ氏来日で気になる夕食会場「食べログ」の評判と値段 超高級鉄板料理、本来ならば定休日だが…

 5日に来日するトランプ米大統領と安倍首相がゴルフで汗を流した後、夕食会に向かうのは東京都心の超高級鉄板料理店。「ステーキ好きのトランプ氏のために選んだ」(政府関係者)とか。

 店のホームページによると、店内は和風建築で西洋の一流美術品だけが飾られているレトロモダンな雰囲気。シェフが中央に立てるよう、円形に作られた特注の鉄板の周りを世界のVIPたちが囲み、舌鼓を打つ。

 グランドコース(ディナー?)は3種類で、店名がついた最も安いコースが1万9440円、アワビと厳選牛コースが2万4840円、スペシャルコースが2万9160円(いずれも消費税込み)。ランチは9720円、7020円の2種類(同)。

 各コースの主な食材は、「店名」がホッキ貝、厳選牛、季節の野菜、「アワビと厳選牛」には紅葉鯛と丹波シメジのパピヨット(紙で包んだオーブン焼き)、山栗のスープがつく。

 両首脳が食するとみられる「スペシャル」は極上牛に格上げされ、オマール海老の香草蒸しと牛テールのコンソメスープ-とさらに豪華に。もちろん、アワビの岩塩蒸しは外さない。

 お米はすべて新潟県産こしひかりで、お肉は特選牛→厳選牛→極上牛とグレードアップするたびにプラス4320円必要という。ワインは世界各国から集めたもので、赤白ともボトルで9720円から、シャンパンは1万2960円からと、なかなか威勢のいいお値段だ。

 「食べログ」の評判をみると、トップクラスの評価で、「文句のつけようがない」「もてなしも素晴らしい」との声が大半を占めた。

 ちなみに両首脳が訪れるとみられる日曜日は、本来ならば定休日。店の女性担当者に両首脳が楽しむ料理を取材すると、警備上の理由からか「来店する事実を確認していない」とつれなかった。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース