記事詳細

北ミサイル発射秒読み 米軍、B1B爆撃機で朝鮮半島“出撃”牽制 (1/2ページ)

 ドナルド・トランプ米大統領は3日午前(日本時間同日夜)、日本をはじめ、初のアジア歴訪に向かうため、大統領専用機で首都ワシントン郊外のアンドルーズ空軍基地を出発した。最重要テーマは、「核・ミサイル開発」を強行する北朝鮮問題だ。ミサイル発射の兆候も確認されるなか、トランプ氏は途中でハワイを訪問し、朝鮮半島などアジア地域を監視する太平洋軍司令部を視察した。

 「(アジア歴訪は)大成功を収めると思う。(各国首脳と)貿易や北朝鮮について話し合う」

 トランプ氏は出発前、こう語った。

 日本と韓国、中国、ベトナム、フィリピンをめぐるアジア歴訪。当初、13日に帰国するとされていたが、14日にフィリピンで開かれる東アジアサミットに出席するため、滞在を1日延長する。専門家から「米国のアジアでの存在感を低下させかねない」との懸念が上がっていた。

 トランプ氏は3日午後(同4日午前)、ハワイに立ち寄った。就任後初めての訪問だ。アジア歴訪を前に、朝鮮半島情勢を監視する太平洋軍司令部を視察、ハリー・ハリス司令官から最新情勢の報告を受けた。

 金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長率いる北朝鮮は最近、「太平洋上での水爆実験」の可能性に言及している。トランプ氏のアジア歴訪中にミサイル発射などの挑発に踏み切るとの観測もあり、ハワイ訪問で北朝鮮をけん制する狙いもありそうだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース