記事詳細

米テキサスの教会で銃乱射 27人死亡、24人負傷 地元の女性「とても恐ろしい」

 【ロサンゼルス=住井亨介】米南部テキサス州サザーランド・スプリングスにある日曜礼拝中の教会で5日、男が銃を乱射し、少なくとも27人が死亡し、24人以上が負傷した。米連邦捜査局(FBI)などが捜査している。米メディアが伝えた。

 男は警察当局の追跡を受けた後、死亡した。警察による射殺か自殺かは不明。現場は同州サンアントニオ近くの小さな町。

 米テレビの取材に、地元の女性は「とても恐ろしい。家の中に隠れて夫と震えていた」と語った。

 来日中のトランプ米大統領は6日、米南部テキサス州の教会で発生した銃乱射事件について、ツイッターで「神がテキサス州サザーランド・スプリングスの人々とともにありますように」と述べた。トランプ氏はその上で「私は日本から状況を見守っている」などと強調した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう