記事詳細

キャッチ時代の白石容疑者 ギャラ高く筋悪い案件扱った (1/2ページ)

 「白石はこの業界でも筋の悪い“案件”ばかり扱う男でした」--神奈川県座間市のアパートの一室で、男女9人の遺体と“同居”していた白石隆浩容疑者(27)は、20代半ば頃から池袋に住み、主に歌舞伎町で女性を風俗店などに斡旋する「キャッチ」の仕事をしていた。証言するのは、白石容疑者を知る、スカウト業界の男性だ。

 「“本番あり”の違法店でもいいから稼ぎたい、という切羽詰まった女の子を狙って紹介していく。まともなスカウト会社なら取引しない話ばかり扱っていた。リスクが高いぶん、ギャラも良かったはず」

 歌舞伎町では路上でのスカウトが一般的だが、白石容疑者のやり方は違っていたという。

 「SNSを通じて女の子を引っ張っていた。架空の女の子になりすまして“この誘いに乗って稼げました”という自作自演のサイトを作ったり、風俗業界に流しやすい自殺願望のある子が集まるサイトで狙い撃ちしたり。最近の風俗は身分証の確認が厳しいので、まともなところでは働けない未成年の女の子にも連絡を取りまくっていたようです」(同前)

 今回の死体遺棄容疑での逮捕の5か月前、白石容疑者は別の事件で有罪判決が確定していた。

 「今年2月に、茨城県内の風俗店が売春をさせていると知りながら女性を紹介したとして職業安定法違反容疑で逮捕されています。懲役1年2月、執行猶予3年の有罪判決が今年6月13日に確定した。ちょうどその時期に父親に『生きていても意味がない』と打ち明けていたようです」(社会部記者)

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース