記事詳細

トランプ米大統領が来日中に乗っているクルマ「ビースト」って? 車内に「酸素マスク」と「血液パック」完備 (1/2ページ)

 現在訪日中のアメリカ合衆国大統領であるトランプ氏。アメリカ国内でもそうですが、ここ日本でも移動する際はこれでもかという警護と「自慢の愛車」で必ず移動します。

 その名は「ビースト」。トランプ大統領が移動する際に乗り込むクルマは、「ビースト」と呼ばれる大統領特別専用車です。そのパワフルな名に見合った頑強さと「走る執務室&シェルター」とも言える最新装備で構成されています。

 一見キャデラックのセダン「DTS」をベースにしている様に見えますが、ベースはGMCのピックアップトラックのシャシーと動力系をベースにしたと言われている専用車です。

 当然ながらこのクルマのスペックは全て「トップシークレット」なのです。大統領警護機関であるシークレット・サービスの公式ページ内でこのクルマに関する文章が公開されていますが、あくまでも導入するという報告のみでその詳細はブラックボックスとなっています。

 全長5.5m、全高1.8m、重量8トン以上は正に「ビースト」。特殊鉄鋼等々で作られた軍用グレードの装甲、防弾ガラスで車体が構成されており、銃弾はもちろん、ミサイルや地雷や爆弾でも大統領を守れる強度を備えています(ドアの厚さ20cm、防弾ガラスの厚さは12cm以上と推測されている)。近年では化学兵器による襲撃もあるので、完全密閉されています。自動消火装置も装備されており、火災になっても平気です。

clicccar クリッカー
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース