記事詳細

自民・二階氏、両首脳に注文「もっとしっかり効くような圧力を」 ゴルフ外交には「どっちでも」

 自民党の二階俊博幹事長は6日、日米首脳会談の成果について「北朝鮮問題について十分な意見交換できたのではないか。日米同盟が強固であるということは、両国民やアジア諸国、世界に安心感を与える」と評価した。一方、両首脳が北朝鮮に最大限の圧力をかける方針を確認したことに関しては「こっちが圧力かけたつもりでも、かかってなかったらどうしようもない。もっとしっかり効くような圧力をかけないといけない」と両首脳に注文をつけた。国会内で記者団に語った。

 二階氏は、日米両首脳が「ゴルフ外交」を展開していることについて「ゴルフなどはどっちでもというか、やっていただくなら活用されればいい。意見交換の場を増やしていくことが必要だ」と述べた。トランプ米大統領が北朝鮮による拉致被害者家族と面会したことに触れ「この問題の理解を国内外に示していただいた。日本国民の痛切な思いを共有していただいたことに感謝している」と謝意を示した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう