記事詳細

猫砂、冷凍クーラーボックス…2ちゃんの「死体処理法」書き込みが話題 事件とタイミング合致で憶測 (1/2ページ)

 神奈川県座間市のアパートから9人の切断遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された無職、白石隆浩容疑者(27)が「スマートフォンで遺体の切断方法を調べた」と供述していることが分かった。「1人目を殺害前に道具を用意した」と話していることも判明。現場の室内では刃物やロープなどが見つかっており、警視庁高尾署捜査本部は白石容疑者が計画的に事件の準備を進めていたとみて、裏付けを進める。

 白石容疑者は8月下旬から10月にかけて9人の男女を殺害、解体したと供述。頭蓋骨はクーラーボックスに入れられ、猫のトイレ用の砂がかけられていた。

 ネット上では、白石容疑者が実際に使った「猫砂」や「クーラーボックス」といった言葉が事前に書き込まれていたとして話題になっている。

 ネット掲示板の「2ちゃんねる」(10月に「5ちゃんねる」に名称変更)で、「【急募】50kgの肉を今日中に処理する方法」というスレッド(特定のテーマ)が立ったのが8月2日。同一IDのユーザーが「50キロの肉を早めに処理したい」「あんまり他人に知られたくない」「素人でも解体できるかな」と書き込んだ。

 これに対して別のユーザーから「猫砂」という書き込みがあった。

 9月6日には「【大至急】死体の処理方法教えてくれ」というスレッドが立ち、「絶対にばれない死体の処理方法ってある? 教えてください」と書き込まれた。「通報しました」などの反応が多いなか、「アメリカのドラマでよくあるのガレージに置いてるでかい冷凍クーラーボックスおすすめ」(原文ママ)と書き込むユーザーがいた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース