記事詳細

国際社会からこんどは「性的暴力」の責任を追及される金正恩氏 (1/3ページ)

 8日から開かれる国連女性差別撤廃委員会の本会議を前に、国際的な人権団体、ヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)は6日付で声明を発表。北朝鮮の拘禁施設において、中国から強制送還された脱北女性に対する性的暴力が蔓延しているとし、是正のための圧力をかけるよう国連に求めた。

 HRWは同時に、北朝鮮の拘禁施設で人民保安省(警察)や国家保衛省(秘密警察)の要員などから心理的、肉体的、性的に虐待された経験を持つ女性8人に対して行った聞き取り調査の結果を発表した。

 ここでは3人の実例を紹介する。

 ◯国家保衛省の要員または保安員(警察官)と思しき人物から、閉ざされた部屋で服の中に手を入れられ、顔、胸、臀部などを触られた。生殺与奪権を握られた状態で抵抗できなかった。

 ◯2012年末に脱北したが、中国で逮捕され強制送還された。勾留場で保衛省の取調官に強姦された。

 ◯人身売買の被害に遭い中国人男性に売り飛ばされたが、2010年に中国から北朝鮮に強制送還された。咸鏡北道(ハムギョンブクト)茂山(ムサン)の拘禁施設で、取調官から中国人男性との性的関係について繰り返し聞かれた上に、数回にわたり強姦された。

 (参考記事:中国で「アダルトビデオチャット」を強いられる脱北女性たち

デイリーNKジャパン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース