記事詳細

なぜ? 座間9遺体で身元浮上の群馬・女子高生ら2人の携帯、江ノ島周辺で発見

 神奈川県座間市のアパートの一室で9人のバラバラ遺体が見つかった事件。身元が浮上している群馬県の女子高生(15)ら女性2人の携帯電話が、神奈川県の小田急江ノ島線片瀬江ノ島駅やその周辺で見つかっていたことが8日、分かった。捜査関係者によると、携帯電話は2人が行方不明になった後に拾得物として扱われていたといい、警視庁高尾署捜査本部が経緯を調べる。

 女子高生については、家族らが作成した顔写真付きのチラシを周辺の駅などに掲示し、情報提供を呼び掛けていた。8月28日夜に片瀬江ノ島駅の改札を出た後に足取りが途絶えたとし、髪形や服装の特徴を記していた。

 また、死体遺棄容疑で逮捕された白石隆浩容疑者(27)が、最初に殺害したとしている神奈川県の女性(21)と現場となったアパートの契約のため、不動産業者を訪れていたことも判明。白石容疑者はこの女性について「アパートを借りるため、事前に50万円を銀行口座に振り込ませた」と供述している。

 同容疑者は、女性に返金する約束をしていたというが、それをほごにし、カネごと命を奪ったとみられる。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう