記事詳細

【松井一郎 維新伝心】親密な日米関係、首相は国益を最優先に 橋下氏と対立、丸山穂高氏の離党届「批判される免疫ない」 (2/2ページ)

 米側にも誤解がある。

 例えば、トランプ氏は「米国の自動車が日本で売れない」と言っているが、日本人のニーズに合わせた欧州車は売れている。物を売りたいなら、客のニーズにあった商品を作るべきだと、米国に伝えるべきだと思う。

 今後、両首脳の信頼関係が深まるなかで、安倍首相がいかに日本の国益を守るために、米国の要求をいなすことができるのかに注目したい。

 さて、話題は変わるが、衆院選の大阪19区で当選した丸山穂高議員が、ツイッターでの発言をめぐって、元日本維新の会法律顧問である橋下徹前大阪市長と対立し、10月30日に、維新の会に離党届を提出した。

 事実確認として、維新の会内部からは丸山氏に対して誰も責めておらず、離党届を出す理由も分からない。もし、口の利き方や文章の表現がまずいと思えば素直に謝り、やり直せばよい。

 エリートで育ち、人から批判される経験が少なく、免疫ができていないのかもしれない。離党届は馬場伸幸幹事長が預かっており、今後どうするかは丸山氏次第だ。(日本維新の会代表、大阪府知事・松井一郎)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう