記事詳細

昭恵夫人の「パール接待」 メラニア夫人は何も購入せず (1/2ページ)

 抜けるような秋晴れの下、ドライバーショットの甲高い金属音がこだました。就任後初のアジア歴訪のため、11月5~7日に来日したドナルド・トランプ米大統領(71才)。長旅の疲れも見せず、来日初日に霞ヶ関カンツリー倶楽部(埼玉・川越市)で安倍晋三首相(63才)とのゴルフを楽しんだ。

 9ホール2時間のラウンドでは、お互いのショットに歓声を上げるなど和やかな雰囲気だった「ゴルフ外交」。しかし、ちょうどその頃、東京・銀座で行われていたファーストレディー同士の「パール外交」には微妙な空気が流れていた。

 ◆パール接待

 安倍昭恵さん(55才)とメラニア米大統領夫人(47才)は、真珠の宝飾品で知られる『ミキモト』本店を訪れた。

 「昭恵さんは、今年2月の訪米の際にメラニア夫人にミキモトの真珠のピアスをプレゼントしました。その流れで、夫人を本店に招待したのでしょうが、大統領夫妻の来日直前になって日本政府関係者は“真珠でよかったのか”と肝を冷やしていたそうですよ」(全国紙政治部記者)

 11月4日、来日前にハワイの米軍施設に立ち寄ったトランプ氏は、自身のツイッターにこう綴った。

 《Remember #PearlHarbor》(真珠湾を忘れるな)

 第二次世界大戦のきっかけとなった日本軍のハワイ・真珠湾への先制攻撃は、アメリカにとっては、語り継がれるべき「恥辱の日」。わざわざ来日直前に、日米の大きな亀裂の記憶に触れるとは、物議を醸しがちなトランプ氏のツイッターらしいのだが、すでにメラニア夫人をミキモトで接待することを決めていた日本政府関係者は真っ青。

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース