記事詳細

「代弁者気取るのは止めろ」民進・有田氏寄稿に拉致被害者家族が批判

 民進党の有田芳生参院議員がオピニオンサイト「iRONNA」に寄稿した「安倍総理の『やってる感』に愛想を尽かした拉致家族のホンネ」と題する記事を、拉致被害者の田口八重子さん(62)=拉致当時(22)=の長男、飯塚耕一郎さん(40)が批判した。

 寄稿はトランプ米大統領と拉致被害者家族の面会に絡み、「アメリカ政府が日本政府の肩代わりで拉致問題を解決することはない」などと論じた。

 飯塚さんはツイッターでこの記事を引用、《拉致被害者に寄り添うような書き方してますが、我々の意見も聞かず一方的かつ勝手な意見。良く産経系がこんな記事出したね いい加減、代弁者気取るのは辞めろ》と批判した。

 有田氏は《飯塚さんにはお聞きしていませんが、ちゃんと取材して書いています。代弁者のつもりは全くありません》とツイートした。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース