記事詳細

「玉木氏はガンコ、大串氏は情で動く」衆院選結果を当てた占い師、原宿の母が希望共同代表選で候補2人を鑑定

 希望の党の国会議員を率いる「共同代表」選挙は9日午前、立候補した玉木雄一郎(48)、大串博志(52)両衆院議員によるパネルディスカッションを開催。翌10日の投開票に向けて、支持を訴える。「安倍一強」「野党乱立」という政界のかじ取り役を務めるには強運も必要だ。そこで有名占い師に、候補2人の運勢を診断してもらった。

 注目の鑑定は、これまで10万人以上の対面鑑定実績を誇る「原宿の母」こと菅野鈴子氏に依頼した。先の衆院選中、希望の党の小池百合子代表(都知事)の手相をひと目見て、「希望の線が曲がっている」と断言し、悲惨な選挙結果をピタリと予言した人物である。

 今回は、生年月日を元に判断するホロスコープ西洋占星術で、玉木、大串両氏を鑑定した。

 まず、玉木氏(1969年5月1日生まれ)は「星座は『牡牛座』で古いやり方にこだわるガンコなタイプ。もちろん、周りの人の意見は聞くけれども、最後は自らの理想を通す人だ」と分析した。

 大串氏(65年8月31日生まれ)は「『乙女座』は気配りの星といわれ、優しく情で動くところがある。星の並びから、今年後半からは仕事も含めて運気があがるようだ」と言い切った。

 野党第一党を立憲民主党に明け渡している希望の党だが、ニューリーダーが導く未来に希望はあるのか。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース