記事詳細

イヴァンカ氏接待での“昭恵氏隠し”の意図は?

 11月5~7日に来日したアメリカのドナルド・トランプ大統領(71才)。今回は、トランプ氏の娘であるイヴァンカ大統領補佐官(36才)の来日も話題になった。

 彼女が日本に滞在したのは11月2~4日。3児の母とは思えない抜群のスタイルと、イタリアの高級ブランド『MIUMIU』を着こなすファッションも注目を集めた。

 「イヴァンカ氏は、女性政策を議論する『国際女性会議』のゲストとして来日しました。会議には安倍首相自らが登壇し、夕食でも店の外にまで出て迎え入れていました。どうにかしてイヴァンカ氏とのパイプを太くしたいという日本政府の強い意志が感じられました」(全国紙政治部記者)

 重要ポストのスタッフでも、トランプ氏と意見が合わないとすぐにクビを切られてしまう米政府内で、唯一、トランプ氏が言うことを聞くといわれているのがイヴァンカ氏だ。しかし、イヴァンカ氏の接待に安倍昭恵さん(55才)は現れなかった。

 「実力者の“ファーストドーター”の初来日で、しかも『女性会議』のゲストなのに、嬉々としてわれ先に飛び出してきてもおかしくない昭恵さんが接待の場に姿を見せなかったことには驚きました。外交上では異例のことでしょう。

 森友学園騒動以降、安倍首相は昭恵さんの言動に頭を抱えているところもありますし、外交上重要な場面ではトラブルが起きないように“昭恵さん隠し”をしたという見方もあります。嫌われたら大変ですから。イヴァンカ氏側が“あの首相夫人とつきあっているヒマはない”と拒絶した可能性もありますが…」(政治ジャーナリスト)

 11月7日、トランプ夫妻が日本を発った。その姿を、昭恵さんはどんな気持ちで見送ったのだろう。

 撮影/雑誌協会代表取材

 ※女性セブン2017年11月23日号

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース