記事詳細

小池氏、蓮舫氏、山尾氏、野田氏、豊田氏…古谷経衡氏の女性議員通信簿 (2/2ページ)

 ■稲田朋美(元防衛相)
 選挙力 4
 政策力 1
 保守受け 3
 政治経験 3
 ルックス 2
 ※合計 13
 ・ひと口寸評/自称「グッドルッキング」と豪語する割にタルミが目立つ。南京事件の元原告代理人弁護士をきっかけに『正論』デビューで一時期ネット右翼の寵児に。だが辻元清美の追及にすら対抗できない無力っぷり。自民党王国・地元福井1区の選挙力だけが取柄。

 ■山尾志桜里(元民進党政務調査会長)
 選挙力 3
 政策力 1
 保守受け 1
 政治経験 2
 ルックス 5
 ※合計 12
 ・ひと口寸評/「保育園落ちた日本死ね」ブログをいち早く国会で取り上げて脚光を浴びた「氏ね氏ね代議士」。ネット右翼からの愛称は「ガソリーヌ」。だが密かに保守おじさんから「でも、しおりって可愛いよね」の声。私もそう思う! だが本人は年下がタイプらしい。愛知7区逃げ切り当選の大番狂わせで底力。

 ■豊田真由子(元文科大臣政務官)
 選挙力 1
 政策力 0
 保守受け 2
 政治経験 1
 ルックス 1
 ※合計 5
 ・ひと口寸評/「誇れる日本を未来へつなぐ」の右寄り900文字作文を自民党国家戦略本部の提言集に寄稿したのみで著作無し、政策無し。「ハゲ」で一躍全国区になったが、眉毛を逆さに書き換えて謝罪行脚する姿は「信長の野望」に登場する今川義元のグラフィックにクリソツ。

 ●ふるや・つねひら/1982年北海道生まれ。立命館大学文学部卒業。主な著書に『左翼も右翼もウソばかり』『草食系のための対米自立論』『「意識高い系」の研究』など。

 ※SAPIO 2017年11・12月号

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース