記事詳細

49歳・人妻市議 男性議員と二股ダブル不倫疑惑の衝撃現場 (1/3ページ)

 〈横浜市議とさいたま市議がダブル不倫しています。LINEの生々しいやりとりもあります〉--総選挙真っ只中の10月上旬、本誌・週刊ポストに一通の情報提供メールが届いた。名前が挙げられたのは、自民党横浜市議の輿石且子氏(こしいし・かつこ、49)と、自民党さいたま市議の帆足和之氏(59)。共に既婚者で、子供を持つ身である。

 提供された膨大なLINEのやりとりはあまりに生々しい。この記事では、その生々しさから詳細な内容を紹介するのは控えさせてもらうが、文面からは1年ほど前から2人が男女の関係にあるように窺える。今年の8月25日には、“お泊まり”の約束が交わされた。

 帆足:熊本は行くでしょ?

 輿石:行くよ(ハート)

 帆足:2人部屋をうまくとってね

 「熊本」とは、11月1日に熊本県熊本市で開催された「自由民主党政令指定都市議員連絡協議会・議会議員連盟合同総会」のことを指している。年に1度開催され、全国20の政令指定都市の自民党市議が一堂に集まる会合である。本誌記者は熊本に飛んだ。

 ◆艶かしい声が響いた

 総勢300人以上の市議が集まり総会が始まった。夕方には交流会が始まり、21時頃には会場のホテルロビーにほろ酔い姿の市議が溢れ、記念撮影や連絡先交換などを行なっていた。

 その後、市議たちは三々五々ホテルを出て二次会、そして三次会へ。帆足氏は男性議員らと街へ繰り出し、23時を過ぎてもホテルに帰らない。

 今日は会わないのか? 記者は“空振り”に落胆しつつ、先に市議たちが宿泊するホテルに戻ることにした。

 そこで思いがけない出来事が起きた。輿石氏と同じフロアに部屋を取っていた記者が廊下を歩いていると、艶かしい声が響いたのである。“出元”は輿石氏の部屋だった。

 でも、帆足氏はまだ戻ってきていないはず。いや、もしかしたら先回りして、この部屋に滑り込んでいたのかも……。

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース