記事詳細

蓮舫氏の「二重国籍」が影響か? 国籍選択届け出が急増

 日本と外国の「二重国籍」の人が、日本の国籍を選ぶ「国籍選択」の2016年度の届け出数は、15年度から500件以上増え、初めて3000件を超えたことが、法務省への取材で分かった。増加数は過去5年間で最も多い。

 16年は、夕刊フジが徹底追及した民進党の蓮舫元代表の「二重国籍」問題が注目を集めた。法務省は問題を機に、ホームページなどで国籍選択手続きの周知を進めており、「問題もあって制度が広く認知されたからではないか」としている。

 国籍法は、複数の国籍を持った時点で20歳未満の場合は22歳になるまでに、20歳以上の場合はそこから2年以内に、1つの国籍を選ばなければならないと規定している。罰則はない。

 法務省によると、06年度の国籍選択届け出数は1570件。その後はおおむね増加傾向で、16年度は3368件で2倍以上となった。外国籍喪失届も06年度は21件だったが、16年度は150件となった。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう