記事詳細

尖閣領有、中国の根拠「否定」する公式文書あった 台湾名の「釣魚台」は別の島

 尖閣諸島(沖縄県石垣市)の領有権をめぐり、中国が主張の根拠としている歴史資料を否定する台湾の公式文書が存在することが17日、分かった。尖閣諸島を示す台湾名の「釣魚台」は尖閣とは別の島を指していた内容で、長崎純心大学の石井望准教授(漢文学)が同日、東京都内で開いた記者会見で発表した。

 石井氏によると、中国側の「尖閣諸島が歴史上、台湾に付属していた」という主張の根拠とする資料は2つあるが、うち1つは既に誤りだと判明。今回は残りの1つで中国側は主張の根拠を完全に失うことになる。

 石井氏は今回、中国側が領有権を主張する根拠とする清代の役人が記した台湾の地理書「台海使槎録」(1722年)の解釈の誤りを指摘。

 同書では「山後(台湾東部)は大洋なり、北に山有り、釣魚台と名付けらる、大船十余を泊すべし」と記載され、中国側は「釣魚台」が尖閣諸島を指すと主張している。

 だが、1970年に台湾政府が発行した公式の地理書「台湾省通志」は、「台海使槎録」に明記された「釣魚台」を台湾東南部の「台東県の島」と認定し、尖閣諸島ではないことが記されていたという。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう