記事詳細

再逮捕の白石容疑者「単独でやった」 嘱託殺人や自殺幇助ではなく殺人容疑適用の理由

 神奈川県座間市のアパートで9人の切断遺体が見つかった事件で、東京都八王子市の23歳の女性を殺害したとして、警視庁高尾署捜査本部は20日、殺人の疑いで、無職、白石隆浩容疑者(27)=死体遺棄容疑で逮捕=を再逮捕した。「私が単独でやったことに間違いありません」と容疑を認めている。

 捜査関係者によると、白石容疑者は10月23日ごろ、アパートの自宅で、女性を殺害した疑いが持たれている。部屋から遺体の一部が見つかったほか、身元を示すカード類や所持していたとみられるバッグが残されていた。

 女性は、10月23日午後にJR八王子駅と現場近くの小田急線相武台前駅の防犯カメラに、白石容疑者と一緒にいる姿が写っていた。

 白石容疑者は、ツイッターに自殺願望を書き込むなどしていた9人を自宅へ誘い出し、「気絶させてロフトにくくりつけたロープに首をかけ、つるして殺した」と供述。全員の殺害を認めているが、「本当に自殺を望む被害者や、殺害に同意した被害者はいなかった」と話していることから、警視庁では嘱託殺人や自殺幇助ではなく、殺人容疑を適用した。ほかの8人への殺人や死体遺棄の疑いでも調べる。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう