記事詳細

岸田氏、安倍首相に注文「『上から目線』では国民の信を失う」 野党席から拍手

 自民党岸田派(宏池会)会長の岸田文雄政調会長は20日、衆院本会議での代表質問で、安倍晋三首相に対し、低姿勢でも高姿勢でもない「正姿勢(正しい姿勢)」で臨むよう訴え、野党席から拍手が起こる一幕があった。宏池会創立者の池田勇人元首相に対する陽明学者・故安岡正篤氏の助言を引き合いに、首相の政治姿勢に注文を付けた形だ。

 岸田氏は「野党や国民に『上から目線』で臨むようでは国民の信を失い、まっとうな政治も行えない」と指摘。先の衆院選大勝を踏まえ「正姿勢」の3文字を胸に前進するよう要求した。

 憲法改正を巡り「議論の丁寧な積み重ね」を求めたのをはじめ、首相の所信表明演説にはなかった日中関係の安定化に言及するなど、リベラル色の強い宏池会の伝統を踏まえた質問が目立った。

 岸田氏は終了後、記者団に「首相にエールを送った。『正姿勢』を貫くべく努力いただくことが大事だ」と質問の意図を解説した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう