記事詳細

白石容疑者「首をつった後に結束バンドで拘束」 抵抗防ぐ狙い?詳しい殺害状況語る

 神奈川県座間市のアパートから9人の切断遺体が見つかった事件で、東京都八王子市の女性を殺害したとして、殺人容疑で再逮捕された無職、白石隆浩容疑者(27)が「首をつった後に、結束バンドで手足を縛った」と供述するなど、殺害の詳しい状況を説明していることが21日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、意識を取り戻した際に抵抗されるのを防ぐ狙いがあったとみられる。白石容疑者は10月23日、アパートの自宅で女性の首を手で絞めて失神させた後、首にかけたロープをロフトのはしごにつり下げて窒息させ、殺害した疑いが持たれている。現場からは事件後、結束バンドが見つかっていた。

 白石容疑者は、9人の殺害方法について「一部には酒や睡眠薬を飲ませてリラックスさせたところを襲った」と供述。八王子市の女性については「身の上話をしてから隙を突いて殺した」と話し、睡眠薬は飲ませていないと説明している。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう