記事詳細

慰安婦像の寄贈で政府、サンフランシスコ市長に拒否権行使要請

 安倍晋三首相は21日の衆院代表質問で、米サンフランシスコ市議会が市内に設置されている慰安婦像と碑文の民間からの寄贈を受け入れる決議を可決した問題を受け、日本政府としてエドウィン・M・リー市長に拒否権の行使を求めたことを明らかにした。

 首相は「慰安婦像の寄贈は、わが国政府の立場と相いれない極めて遺憾なことだ」と重ねて表明した。その上で「政府としてはサンフランシスコ市長に対して(拒否権発動の期限の)24日までに拒否権を行使するよう申し入れを行った」と説明した。日本維新の会の馬場伸幸幹事長の質問に答えた。

 市議会決議は10日以内であれば市長が拒否権を行使し、議会に差し戻すことができる。サンフランシスコ市の姉妹都市である大阪市の吉村洋文市長も、リー氏宛ての書簡で拒否権行使を求めている。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう