記事詳細

皇室会議、12月1日開催 菅長官が正式発表

 菅義偉官房長官は22日午前に記者会見し、天皇陛下の退位日決定の前提となる皇室会議を12月1日午前9時に宮内庁で開くと正式に発表した。政府内では(1)陛下が2019年3月31日に退位し、皇太子さまが4月1日に新天皇として即位(2)4月30日退位、5月1日即位-の2案が出ており、菅氏は、皇室会議での意見を踏まえ、速やかに閣議で決定する考えを表明した。

 皇室会議は、議長を務める首相が招集し、衆参両院の正副議長や最高裁長官、皇族、宮内庁長官ら計10人で構成される。陛下一代限りの退位を実現する特例法は退位日を決める際、皇室会議からの意見聴取を義務付けている。政府は退位日を政令で定める。

 菅氏は会見で、皇室会議の終了後、結果の概要について菅氏自身や宮内庁長官が説明すると明らかにした。新天皇の即位に合わせて施行される新たな元号の発表時期に関しては「国民生活への影響を考慮しながら適切に検討する」と強調した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう