記事詳細

中国、高級幼稚園で虐待の衝撃! 園児に針刺し、成分不明の薬物飲ませる

 北京市の富裕層の子供が通う幼稚園で、教諭が園児に繰り返し針を刺し、成分不明の薬を飲ませていたことが25日までに発覚し、衝撃が広がっている。中国では激しい進学競争を背景に、幼児教育に力を入れる保護者が増える一方、運営がずさんな幼稚園も多く、虐待事件が相次いでいる。

 中国メディアによると、この幼稚園では教諭数人が「身体検査」と称して日常的に園児の服を脱がせ、額や腕、足などに針を刺していた。針のあとが13カ所見つかった園児もいる。昼寝の時間には成分不明の白い薬を飲ませていたという。

 動機は不明だが、憂さ晴らしとの見方があるほか、わいせつな行為をしていた疑いもある。虐待があったクラスには約20人の園児がおり、異変に気付いた8人の保護者が警察に通報。警察は教諭数人を拘束し、経緯や薬の成分を調べている。

 中国メディアによると、この幼稚園は全国で教育事業を展開する「北京紅黄藍児童教育科技発展」が運営。中国では幼児教育の対象人口(0~6歳)が1億人を超え、同社も教育市場の拡大とともに収益を伸ばし、9月にはニューヨーク証券取引所に上場。今月には「影響力のある教育グループ」として表彰されたばかりだった。(共同)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう