記事詳細

「人を傷つけたかった」12歳男子中学生の凶行 20代女性を包丁で刺す

 なぜ少年は凶行に走ったのか。札幌市の路上で25日、女性が刃物で刺されて重傷を負う殺人未遂事件があり、北海道警が26日、札幌市内の中学1年の男子生徒(12)を児童福祉法に基づき要保護児童として札幌市児童相談所に通告した。男子生徒は事件への関与を認めているが、被害女性と面識はなく、「人が死んでいるところや、殺すことを想像していた」と供述しているという。

 児相は男子生徒を一時保護した。事件は25日午後5時55分ごろ、札幌市東区の路上で起きた。徒歩で帰宅中の20代の女性会社員が背中を包丁で刺され1~2カ月のけがを負ったのだ。現場周辺の防犯カメラに写っていた犯人と特徴が似ていたため、男子生徒から事情聴取。男子生徒は「人を傷つけたかった」と供述したという。

 複数の防犯カメラ映像から、男子生徒は現場から数百メートル離れた商業施設付近から女性の後をつけたとみられる。男子生徒の自宅からは事件に使われたとみられる包丁のケースが押収された。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう