記事詳細

「行方不明者は年間数百人」北朝鮮の漁民は命がけ…脱北の可能性は? (1/2ページ)

 23日午後11時30分頃、秋田県由利本荘市の海岸に木造船が漂着し、近辺で国籍不明の男性8人が見つかった。警察によると、男性らは、朝鮮語のような言葉を話しており、北朝鮮から来たと話しているという。

 朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の兵士が板門店で韓国側に亡命した事件の直後だけに、船で集団で脱北したと見る向きもあるが、男性らは漁の最中になんらかの事故によって遭難し、秋田に漂着したものと思われる。北朝鮮の漁民たちは極めて劣悪な環境の下、文字通り命がけで操業しているからである。

 ■金正恩氏の指示で下痢

 遭難した北朝鮮漁船が、日本海側の沿岸に漂着する出来事はこれまでもたびたび起きている。2015年10月から2016年1月までの間に、北朝鮮の漁船と見られる木造船が14隻漂着し、31人の遺体が発見された。

 当時、こうした出来事について北朝鮮の咸鏡南道(ハムギョンナムド)に住む内部情報筋は、「咸鏡南道だけでも漁に出て帰ってこない行方不明者は年間150人以上になる。年末に道の人民委員会と、道の保安局(警察)が集計した数字であり、咸鏡北道(ハムギョンブクト)や江原道(リャンガンド)を含めると数百人以上になるだろう」と述べていた。

 (参考記事:北朝鮮、漁船海難事故多発…住民「行方不明者の豊年だ」

 遭難事故が起きる理由について、「無理をして操業していることが原因だ」と情報筋は語る。行方不明者の大多数は、個人の木工職人がいい加減につくった小舟レベルの小さな木造船で漁をしていたという。

デイリーNKジャパン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース