記事詳細

【編集局から】「アカウント乗っ取り」に引っかかる心理を痛感 記者に届いた怪しいメール

 アカウントの乗っ取りなどサイバー犯罪や危険性が報じられることも珍しくありませんが、先日、「Apple Security(アップルセキュリティー)」なるアカウントから記者が個人で使っているアドレスにメールが届きました。

 「お客様のApple IDが、ウェブブラウザからへのサインインに使用されました」として、何と東ティモールからのアクセスがあったと記されています。

 音楽や映画の購入にも使われるIDが乗っ取られていたとしたら一大事です。メールには「他者が違法にお客様のアカウントを使用していると考えられる場合は、Apple IDでパスワードをリセットしてください」とあり、「Apple IDを確認する」というリンクが張られています。そこをクリックして、IDとパスワードを入力する画面が出てきたところでわれに返りました。そのまま入力していたら、本当に乗っ取られるところでした。

 冷静になってみると、メールに書かれている日本語もところどころあやしく、ID確認の画面もそれっぽくはできているのですが、細かいところで違和感がありました。本来ならすぐ削除すべきメールに焦って引っかかる心理を痛感させられました。(N)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう