記事詳細

北ミサイル、ホワイトハウス直撃の全米射程 駐韓米国人、大量脱出なら…トランプ氏先制攻撃決断も (1/3ページ)

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)政権が、約2カ月半ぶりに軍事的挑発を再開した。日本時間29日午前3時18分ごろ、弾道ミサイルを発射し、日本の排他的経済水域(EEZ)内の日本海に落下させたのだ。高い角度で打ち上げ飛距離を抑える「ロフテッド軌道」だったが、通常軌道で発射すれば飛距離は1万3000キロ以上に達し、首都ワシントンを含む米全土が射程に入るとの分析もある。ドナルド・トランプ米大統領が「北朝鮮はレッドラインを超えた」と判断し、先制攻撃を決断する可能性も出てきた。

 北朝鮮は29日未明、首都・平壌(ピョンヤン)近郊の平城(ピョンソン)付近から、弾道ミサイルを発射した。ミサイルは53分間で約1000キロ飛行し、青森県西方約250キロ、日本のEEZ内に落下した。到達高度は過去最高4000キロを上回った。未明の発射は異例で、「ミサイルは3つに分かれた」との情報もある。

 北朝鮮のミサイル発射は、北海道上空を通過した9月15日以来で、75日ぶり。日米韓防衛当局は最近、北朝鮮の通信活動が急増したのを捕捉し、発射を警戒していた。

 小野寺五典防衛相は29日朝、「ICBMと判断すべき能力だ」「いくつかの形に分かれて落下した」「多段式の弾道ミサイルだった可能性も踏まえ、引き続き分析していく」と述べた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース