記事詳細

【投稿!オレンジ広場】日馬富士の暴行事件、鳥取県警は粘り強い捜査を 大相撲の“品格” (1/2ページ)

 ■粘り強い捜査を

 大相撲の横綱日馬富士が平幕・貴ノ岩に対して暴行を加えたと報じられた。一部メディアでは、貴ノ岩の師匠である貴乃花親方が今回の暴行事件を「相撲協会内の政治闘争」に利用する意図があるのではないかという報道がなされている。

 いかなる理由があろうと、日馬富士が暴力をふるったことは許されないことだ。その肝心な点から目をそらそうとする報道に対して、私は違和感を覚えている。

 この事件を受けて、貴乃花親方は鳥取県警に被害届を提出し、県警は傷害容疑での捜査を開始した。正直なところ、田舎の「おまわりさん」が横綱のような有名人に臆することなく聴取ができるのか、私は不安に思っている。だが今回の事件は、全国からの注目度も高い。もしあいまいな形で幕引きがなされたならば、鳥取県警のみならず警察自体の威信が地に落ちることだろう。慎重かつ粘り強い捜査を重ねることで真相解明に努力してほしい。(鳥取県・49歳、因幡三拍)

 ■大相撲の“品格”

 やはり無理だろうか、日本国技の大相撲の“品格”を外国人力士が持つのは。

 朝青龍のころからいろいろと品格が削れていき、勝てばいい、品格は二の次のモンゴル人力士。やはり、相撲留学からでも日本人の心は伝わらないのかと思う。

 日馬富士の暴力行為然り、白鵬の勝負判定への抗議然り。栃錦、若乃花、柏戸、大鵬、北の湖、千代の富士、貴乃花らから、そんな横綱の姿を見た記憶はない。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう