記事詳細

長野五輪銅・植松容疑者、女性に体液かけ逮捕「かけるつもりなかった」

 電車内で女性に体液をかけたとして、愛知県警安城署は11月30日、暴行の疑いで長野五輪のスピードスケート・ショートトラック男子500メートルの銅メダリストで会社員、植松仁容疑者(43)を逮捕した。植松容疑者は体液を出したことは認めているが「かけるつもりはなかった」と容疑を否認している。

 4月14日午前7時50分から約15分の間に、名鉄金山-知立間を走行中の電車内で、乗客の女性(21)がはいていたストッキングの右足部分に体液をかけた疑いが持たれている。当時電車内は混雑していたという。

 植松容疑者は1996年全日本選手権で総合優勝を果たすなどし、98年の長野五輪で銅メダルを獲得。2001年に競輪選手でデビューし、10年に引退した。その後、アスリートのセカンドキャリアを支援する組織を立ち上げ、講演活動などを行っていた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう