記事詳細

即位・改元、再来年5月1日が祝日なら夢の「10連休」 オセロのごとく休日に“反転”

 2019年のゴールデンウイークに「夢」が出てきた。

 1日の皇室会議で天皇陛下の譲位の日程が決まり、皇太子さまが新天皇に即位される同年5月1日が祝日になれば、4月27日~5月6日が、何と「10連休」になるのだ。

 カレンダーを見ると、19年4月27~29日は、土日と「昭和の日」で3連休だ。土日を含む5月3~6日も、憲法記念日などの祝日と振り替え休日で4連休になっている。

 現時点で4月30日からの3日間は「連休の谷間の平日」だが、カギになるのは祝日法の規定だ。

 同法は「前日と翌日が祝日の日は、休日とする」と定めている。祝日である4月29日と5月3日に挟まれた3日間のうち、真ん中の5月1日が祝日となれば、4月30日と5月2日もオセロのように休日に“反転”し、10連休になるわけだ。

 しかし、天皇陛下が即位された1989年1月7日が祝日ではなかった平成の改元時を踏まえると、10連休実現のためには、5月1日を祝日にする法改正が必要との見方もある。ぜひ、改正してもらいたい。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう