記事詳細

国連事務次長、5日から平壌訪問 北側から「政治対話」したいと提案

 国連のステファン・ドゥジャリク事務総長報道官は4日、事務次長のジェフリー・フェルトマン政治局長(米国)が5~8日に北朝鮮の首都・平壌(ピョンヤン)を訪問し、李容浩(リ・ヨンホ)外相らと会談すると発表した。「核・ミサイル開発」を禁じた国連安全保障理事会決議の順守を求め、米朝間で緊迫する事態の打開を模索する。報道官によると、今年9月に北朝鮮側から国連に対して「政治対話」をしたいという提案があり、国連側が応じた。(共同)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう