記事詳細

必死の医療陣、巨大な寄生虫…亡命兵士「手術動画」が北朝鮮国民に与える衝撃 (1/2ページ)

 米CNN放送は5日、韓国への亡命過程で受けた銃撃で重傷を負った元北朝鮮軍兵士、オ・チョンソン氏の手術場面の動画を公開した。

 動画は、韓国京畿道水原市にある亜州病院の記録カメラに収録されたもの。米軍の米軍航空医務後送部隊「ダストオフ(DUSTOFF)」のヘリが病院の敷地に着陸し、オ氏が手術室に搬送される場面から始まる。

 ■3つのショック

 続いて10人の医療陣が手術台を取り囲み、オ氏を懸命に蘇生。オ氏の体内の銃弾が映ったエックス線写真や、体内から寄生虫が取り出される様子も収められている。寄生虫は、大人の小指ほどの太さがある。

 (参考記事:米CNNが北朝鮮亡命兵士の手術場面を公開

 この動画は、北朝鮮国内に密かに持ち込まれ、一般国民の間で広く視聴される可能性が高い。そうなった場合、北朝鮮国民は3つの点で衝撃を受けるはずだ。

 第1に、オ氏を救おうと懸命になる韓国の医療陣、そして米軍兵士らの姿から、「彼らは敵ではなかったのか!?」という疑問が強く湧き上がるはずだ。

 今どきの北朝鮮国民は海外情報にも密かに触れており、頭から米韓を敵視する人は少ないと思われる。だが、国家により執拗に「敵視教育」を受けていれば、心のどこかにモヤモヤしたものがあるはずだ。この動画は、それを吹き飛ばすほどの威力を持っているかもしれない。

デイリーNKジャパン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース