記事詳細

年収800万円超で増税に賛否 給与所得控除190万円で頭打ち、働き方の違いによる不公平感なくなるか

 微妙な線引きにガックシくるサラリーマンもいるはずだ。政府、自民党が2018年度税制改正で焦点となっている所得税改革を巡り、年収800万円超の会社員を増税とする案で最終調整に入った。誰でも受けられる基礎控除を現在の38万円から10万円増額して48万円とする一方、給与所得控除と年金控除を一律で同額引き下げる。その上で、年収が800万円に達すると給与所得控除が190万円で頭打ちとなる仕組みとし、それを上回る年収を稼ぐ会社員を増税とする。

 今回の所得税改革は、働き方の違いによる不公平感をなくすのが主な狙い。給与所得控除は年収が上がるほど基本的に大きくなり、現在は年収1000万円の220万円を上限に設定している。この上限を30万円引き下げ、800万円から横ばいにする。会社員や年金受給者でも中低所得の場合は税負担が変わらず、自営業やフリーで働く人は減税となる。

 このほか、基礎控除は年収2400万円から段階的に縮小し、年収2500万円で打ち切る。22歳以下の子供がいる世帯や介護が必要な家族と同居している場合は増税の対象外とする方向だ。

 年金受給者に関しては、1000万円以上の年金を受け取っている人や、年金以外に1000万円超の収入を得ている人も控除を縮小して増税とする。給与と年金の両方を得ている高齢者は、給与所得控除と年金控除の二重の縮小により税負担が増すことにならないように配慮するという。

 800万円超に該当するか否かで、泣き笑いが聞かれそうだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう