記事詳細

スパコン詐欺事件 NHK番組「プロフェッショナル」放送見送り

 スーパーコンピューター開発のベンチャー企業「ペジーコンピューティング」(東京)の幹部らが、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)から助成金をだまし取ったとして詐欺容疑で逮捕された事件。交付が認められた助成額が規定のほぼ上限だったことが6日、分かった。

 NEDOによると、助成金は開発にかかった費用の3分の2まで交付されるが、上限は5億円。ペジー社社長の斉藤元章容疑者(49)らは、約7億7300万円かかったとの虚偽の実績報告書を提出し、約4億9900万円が助成金として認定された。東京地検特捜部は、規定の上限に近い助成金を受け取るため、費用の水増し額を調整した可能性があるとみて調べている。

 斉藤容疑者は11日放送のNHK番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」に登場予定だったが、逮捕を受け、NHKは放送見送りを決めた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう