記事詳細

米国人20万人が韓国脱出決行か トランプ氏決断の兆候、半島有事緊迫 在日米軍基地も避難先に (2/2ページ)

 韓国に滞在する米国人は20万人以上とされ、NEO発動の際は、在日米軍基地も避難先になる見込みだ。どのような事態が考えられるのか。

 軍事ジャーナリストの世良光弘氏は「緊迫した事態に迅速に対応する避難作戦は、航空機や船舶を使い、10日前後の短期間で終わるだろう」と説明し、次のように語った。

 「クリスマス休暇に合わせた、事実上のNEOもあり得る。そのまま韓国に戻らないケースだ。ICBM発射によって、米軍関係者の北朝鮮に対する認識は厳しくなっている。グラム氏の発言も、はったりやフェイク(偽り)とはいえない」

 当然、北朝鮮に米国の本気度を示し、「核・ミサイル開発」の完全放棄を迫る“心理戦”という一面もありそうだ。

 ちなみに、韓国に滞在する日本人は約6万人。「反日」の文在寅(ムン・ジェイン)政権の協力が期待できないなか、半島有事への覚悟と準備が求められそうだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース