記事詳細

高須院長が「昭和天皇独白録」を3000万円で落札 「皇室にお返しするぜ」

 昭和天皇が太平洋戦争などに関する出来事を戦後に回想した「昭和天皇独白録」について、側近が記録した原本とされる文書が6日、ニューヨークで競売に掛けられ、手数料と合わせ27万5000ドル(約3090万円)で落札された。主催した競売会社ボナムスは、落札者は美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長(72)だと明らかにした。

 高須氏は7日朝、ブログで「昭和天皇独白録を落札したよ」と題し、「『昭和天皇独白録』は日本の未来に役立つ財産だ。日本に取り戻すのは国民の使命だと思う」などとオークションに参加した経緯を説明。独白録は今後、「皇室にお返しするぜ」と書き記した。

 独白録は、昭和天皇が1946年春に張作霖爆殺事件から終戦に至るまでの経緯を側近に語った昭和史の第一級資料。側近の故寺崎英成氏が鉛筆などで記録した173ページ分が競売に出された。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう