記事詳細

【新・カジノ情報局】高まる“ポーカー熱”で頂点極める日本人続々 来年、アジア各国でツアー展開 (1/2ページ)

★カジノ最新トピックス「ポーカー編」

 「ポーカーで世界を目指せ」-と連載したのが今年の春。以降、海外から日本人プレーヤー活躍のニュースが続々と入ってきている。この半年余りで日本の“ポーカー熱”は、ますます高まっている印象だ。最新事情をお伝えしよう。

 【世界中で入賞続出】

 ◇…6月初めから約1カ月半に渡ってラスベガスで行われたポーカー世界選手権(WSOP)。今年は日本からの優勝者は出なかったものの、2012年に日本人として初めてブレスレットを獲得(=優勝)している木原直哉プロが、7つのイベントで入賞して実力を示した。

 ◇…マカオ、フィリピン、韓国などを転戦するAPT(アジアン・ポーカーツアー)では優勝7回、入賞23回を積み重ねた土川鉄也氏が、年間ポイントリーダーとして独走中。

 【AJPCも海外へ】

 2007年から毎年開催されている、国内最大級のポーカートーナメント、AJPC(全日本ポーカー選手権)が、アジアへ飛び出す。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう