記事詳細

【北朝鮮見本市】北から缶コーヒーが消える日 シンガポール貿易全面禁止で庶民ガッカリ?

 相次ぐミサイル発射や核実験を受けてシンガポール政府が11月、北朝鮮との貿易を全面禁止とした。9月には国民に北への渡航自粛を通達しており、国際的な経済制裁の動きに同調した形だ。北の貿易相手国の中でシンガポールは7番目と、かなり上位で影響は少なからずありそうだ。

 今回の措置はコーヒー好きの庶民をガッカリさせた可能性が高い。北朝鮮で缶コーヒーといえば昔からポッカ。外貨ショップだけでなく、街中の売店にも並んでいる。

 言うまでもなくポッカは日本企業だが、北で流通するポッカ缶コーヒーはシンガポールの現地法人がライセンス生産したもの。缶の裏側には北朝鮮にも供給している旨がはっきりと記載されている。

 今月もミサイル発射で官製のお祭り騒ぎとなっているが、寒い季節に甘~い缶コーヒーの供給を絶たれて人民の不満は高まりそうだ。(北朝鮮ウオッチャー、金正太郎)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう