記事詳細

白石容疑者3度目逮捕 横浜の女性、殺人と死体遺棄の疑い 

 神奈川県座間市のアパートから男女9人の切断遺体が見つかった事件で、警視庁高尾署捜査本部は11日、横浜市の女性(25)に対する殺人と死体損壊、死体遺棄の疑いで、無職、白石隆浩容疑者(27)を再逮捕した。一連の事件での逮捕は3回目、立件対象の被害者は2人目。捜査本部は残る7人についても捜査を進める。

 再逮捕容疑は10月18日ごろ、自宅アパートで女性の首を絞めて失神させた上で、輪を作ったロープを首にかけ、ロフトに掛けたはしごの上から体をつり下げて窒息させ、殺害。同月下旬までの間に、包丁などで遺体を切断し、室内のほか、座間市や同市周辺のごみ置き場に遺棄した疑い。

 捜査本部によると、白石容疑者は「私がやったことに間違いありません。金目的だった」と容疑を認めている。室内のごみ袋から所持していた携帯電話が見つかった。

 被害者の大半は、ツイッターなどに自殺願望をほのめかす書き込みをしていたが、捜査本部は、殺意があったと判断したとみられる。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう