記事詳細

北朝鮮の軍需工業大会開幕、太党副委員長「核戦力さらに強化」

 北朝鮮の平壌(ピョンヤン)で11日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の参加の下、軍需工業大会が開幕した。太宗秀(テ・ジョンス)党副委員長が「国家核戦力を質量ともに、さらに強化しなければならない」と述べ、核・ミサイル開発を続ける方針を強調した。朝鮮中央通信が12日報じた。

 太氏は、昨年以降の3回の核実験や、大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」「火星15」の発射に言及し「最悪の逆境と試練の中で、わが国を水爆とICBMを保有した世界的な軍事大国へと変貌させた金委員長の不滅の業績は末永く輝く」と称賛した。

 日程は明らかにされていないが、朝鮮中央通信は「大会は続く」としている。期間中に金氏が核・ミサイル開発について演説する可能性もある。(共同)

zakzakの最新情報を受け取ろう