記事詳細

公明・山口代表「自民にない持ち味ある」 中韓訪問での実績アピール

 公明党の山口那津男代表は13日、福岡市内で講演し「公明党には自民党にない持ち味がある。国民に『いい結果』と受け止められるよう独自の政策、海外との交流を進める決意だ」とアピールした。先の衆院選で議席を減らし、敗北感を味わっただけに、2019年の統一地方選や参院選に向け巻き返しを図る。

 9月以降、ロシア、韓国、中国を相次ぎ訪問し、中国の習近平国家主席との面会が実現したことや、韓国の文在寅大統領から日中韓首脳会談に前向きな発言などを引き出したと強調。「容易ではないが、持ち味を生かして内外の課題を乗り越える。(公明党が)そういう役目を担っていきたい」と述べた。

 同時に「人づくり革命」の政策パッケージに、公明党が衆院選で主張した私立高校授業料の実質無償化が盛り込まれたことに触れ「長年取り組んできたことが、政府の政策の柱になったことは高く評価している」と自賛した。

zakzakの最新情報を受け取ろう