記事詳細

米軍ヘリの窓、小学校校庭に落下 与野党が批判「米国に対する日本政府の姿勢が緩い」

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属のヘリコプターの窓が小学校校庭に落下した事故を受け、与野党から、米軍に原因究明と再発防止を強く求める声が相次いだ。

 自民党の萩生田光一幹事長代行は13日、菅義偉官房長官と官邸で面会し、「事故は言語道断で絶対に許されない。米軍に対し断固抗議する」と政府が米側に厳正に対処するよう求める申し入れを行った。

 立憲民主党の枝野幸男代表は「米軍の緊張感が足りないし、米国に対する日本政府の姿勢が緩いと言わざるを得ない」と批判した。希望の党の玉木雄一郎代表は「大問題だ。政府から米軍に再発防止を含めて強く申し入れてほしい」と語った。

 北朝鮮の脅威が高まるなか、抑止力として米軍の存在は不可欠といえる。ただ、普天間飛行場は住宅密集地にあるため「世界一危険な基地」といわれる。同県名護市辺野古への移設計画を急ぐべきだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう