記事詳細

立民、蓮舫氏入党なら…「史上最悪の宰相」菅氏率いた内閣再結集 大塚代表の党再生方針に不満か (1/2ページ)

 民進党の蓮舫元代表が、立憲民主党への入党を検討している。近く枝野幸男代表に会い、判断するという。立憲民主党の幹部は「菅直人内閣」の主要メンバーと重なる。蓮舫氏も同内閣で行政刷新相を務めただけに、もし入党となれば、立憲民主党の「菅直人内閣」イメージを強めることになりかねない。

 「民進党がどこに歩んでいくのか、見えない。近く立憲民主党の枝野幸男代表に会い、どういう政党なのか、直接話を聞きたい」

 蓮舫氏は14日、民進党の両院議員懇談後に、記者団にこう述べた。大塚耕平代表の党再生方針に不満が強いとみられる。代表経験者が離党すれば、ゆゆしき事態だ。

 蓮舫氏が立憲民主党に入党した場合、「史上最悪の宰相」と呼ばれた菅氏が率いた内閣の再結集色が一層、際立つことになる。

 菅内閣で厚労相を務めた立憲民主党の長妻昭代表代行は14日のBSフジ番組で、蓮舫氏の入党検討の意向について「そういう気持ちがあるなら、本当にありがたい」と歓迎した。

 同党は「まっとうな政治」を掲げて、衆院選で野党第1党に躍進したが、リベラル・左派系議員が多く集結している。

 立憲民主党は「護憲政党」ではないと強調しているが、枝野氏は「(違憲の)安全保障法制を前提として自衛隊を憲法に明記したら、立憲主義違反の追認だ」と話し、9条改正に反対している。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース