記事詳細

森田健作知事「なんとしても通行料800円継続」 アクアライン開通20周年で熱く語る (1/2ページ)

 18日に東京湾アクアラインが開通20周年を迎えた。森田健作知事は、この日を前に産経新聞などのインタビューに応じ、アクアライン通行料800円の恒久化や、今後の活用方法の展望などについて熱く語った。

 --料金800円引き下げの功績は何だと思うか

 「最大の効果は、着岸地の南房総に活気が出たことだ。交通量の増加に伴い、企業・観光誘致が促進され、木更津市では33年ぶりに新しい小学校ができた。引き下げの継続が決まった平成26年4月からの約2年半で、対岸の神奈川県なども含め首都圏で約1155億円の経済波及効果をもたらした。恩恵が広がり、千葉経済の下支えになっている」

 --800円は知事選当選時の公約だったが、実現したときの気持ちは

 「頓挫していたら今の私はいない。半分うれしく、半分は気が引き締まる思いだった。成果が出なければ大変だと思い、チーム森田で取り組んできた。今でも油断せず、首都圏全体で役に立つ道路にしようと日夜努力している」

 --800円は恒久的な措置ではなく、財政への負担や渋滞緩和などのためには料金の見直しが必要との声も上がるが

 「引き下げについて、国は県負担を前提に『当分の間』継続するとしており、非常に不安定な部分がある。だが、もし料金が3千円に戻れば経済に大変な影響を与える。なんとしても800円を継続するために、国にもしっかりとお願いしたい。また、800円の継続をやめたらやばいと国が思うくらいの経済効果をあげることが大事だ」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう