記事詳細

金正恩氏が「喜び組」90人を選抜…父親の死後も存続か (1/2ページ)

 北朝鮮の金正日総書記が死亡してから、17日で6年が経った。金正日氏から権力を世襲して誕生した金正恩体制については当初、多くの北朝鮮ウォッチャーが「5年ももたないのではないか」と見ていた。

 しかし、現実にはそうなっていない。

 金正恩党委員長は、父親を上回る勢いで核兵器開発に邁進。今のところ、国際社会の制裁下においても強硬な姿勢を崩していない。同時に、やはり祖父や父親に劣らぬ無慈悲な恐怖政治によって、国内の安定も保っている。

 一方、金正恩氏には祖父や父親と明らかに異なる部分がある。まず、メディアへの露出だ。

 金正日氏は生前、神秘性を保つ目的もあってか、あまりメディアに登場しなかった。たまに写真や映像が公開されても無表情で、キャラクターをうかがい知るのは困難だった。そのせいで、日韓や欧米では長らく、「父の庇護がなければ何もできない愚息」とのイメージを持たれていた。しかし1990年代後半から、徐々に外国要人との会見に積極的になり、そこで披露されたユーモアと自信に満ちた独裁者の姿に、国際社会は驚かされたものだ。

 一方、金日成氏はメディアを駆使したイメージ戦略で、「慈愛に満ちた国父」であるかのようにアピール。政敵を家族もろとも処刑する冷酷な素顔を巧みに隠した。

 金正恩氏のイメージ戦略は、外見的にも似ている祖父を真似ているとされる。たしかにそういった部分はあるが、メディアへの登場の仕方はより大胆だ。「こんなのまで載せて大丈夫!?」と思ってしまうような写真が、国内メディアで公開されることもある。

 (参考記事:金正恩氏が自分の“ヘンな写真”をせっせと公開するのはナゼなのか

 次に金正恩氏が独特なのは、愛妻家をアピールしていることだ。

デイリーNKジャパン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース